WordPress

EWWW Image Optimizer で画像を圧縮しよう!

画像を簡単に圧縮・最適化できるWordPressのプラグイン、EWWW Image Optimizerの基本的な使い方についてまとめました。

実際に使ってみてサイト速度がどのくらい上がったのか試してみたので参考にしてみてください。

インストール方法

インストールするには「プラグイン」>「新規追加」と進んでください。「EWWW Image Optimizer」で検索すると表示されます。

「今すぐインストール」をクリック→「有効化」をクリック。

 

管理画面の場所

管理画面を開くには「設定」>「EWWW Image Optimizer」でOKです。

 

プラグイン改善のためのデータ送信

プラグインの有効化した直後に管理画面で以下のようなメッセージが表示されることがあります。

許可すると、500枚の無料画像クレジットAPIキーをもらえます。また以下のようなメールが届きます。

APIキーの使い方は追記予定。

 

サポートビーコンの有効化

プラグインの有効化した直後に管理画面で以下のようなメッセージが表示されることがあります。

有効化するとEWWW Image Optimizerの管理画面で以下のようなアイコンが表示されます。

 

アイコンをクリックするとサポートにチャットでメッセージを遅れます。

 

とりあえずやっておくと良い設定

EWWW Image Optimizerで「とりあえずここだけ設定しとけばOK」というところを説明します。

 

基本設定

まずは基本設定ですが、デフォルトでチェックに入っていない場合は「メタデータを削除」にチェックを入れましょう。

メタデータというのは画像の撮影場所や作成時間などの情報です。わずかではありますが、これらの情報を削除することで画像データサイズが小さくなります。

 

高度な設定

ここは何もしなくてOKです。

 

リサイズ設定

ここも何もしなくてOKです。

 

変換設定

コンバージョンリンクを非表示」にチェックを入れましょう。

この機能が有効になっていると、拡張子の異なる画像が勝手に複製されたり、予期せぬ拡張子の変換で画質のクオリティまで低下するのを防ぐことができます。

 

WebP設定

ここもなにもいじらなくてOKです。またOverridesもいじらなくてOKです。

ここまできたら「変更を保存」しましょう。これでとりあえずやっておいた方がいい設定は完了です。

 

過去にアップロードした画像の圧縮(最適化)方法

過去にアップロードした画像を最適化する方法は以下の通りです。

WordPressのダッシュボードから、「メディア」>「一括最適化」と進んでください。

 

最適化されていない画像をスキャンする」をクリック。これを押すと、アップロードした画像の中で最適化されていないものを自動的に探し出してくれます。

 

最適化を開始」をクリックを押せば最適化の処理が開始されます。

 

処理中は上のように表示されます。処理が終わるまでしばらく待ちましょう。

 

最適化が終わると上の画像のように表示されます。これで最適化できました。

 

新たにアップロードした画像の圧縮方法

プラグインの有効化、上記の設定をしておけばそれ以降にアップロードした画像は自動的に最適化されます。ということで特に何もしなくてOKです。

 

効果はどのくらい?

最適化するとどのくらいの効果があるのかチェックしてみました。当ブログの同じページで比較して見ました。

Before

 

After

 

パソコンの方はかなり改善されましたね。画像が10〜20枚くらいある記事だったので最適化の効果が大きかったようです。

ちなみに速度はアクセス数が少ないので計測できないらしいです。この記事を書いている時点ではまだインデックスすらされてないですから当たり前ですね(笑)。

 

サイトマップを作成し検索エンジンにインデックスさせる方法については以下の記事が参考になると思います。

Google XML Sitemaps の使い方とオススメ設定