WordPress

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!

WordPress(ワードプレス)でのパーマリンクの設定方法とオススメ設定についてまとめました。初心者の方でもわかりやすいように解説してあります。

Googleがオススメしている最強のパーマリンクを紹介するのでぜひ参考にしてください!

 

最強のパーマリンク設定はこれだ!

ごちゃごちゃ読むのも面倒だと思うので、結論からいきましょう。色々調べた結果、おじさんは以下のどちらかが最強のパーマリンク設定だと考えています。

https://sample.com/カテゴリ名/記事名

https://sample.com/記事名

 

そう考えている根拠はGoogleが「シンプルなURL構造が良いよ」と公表しているからです。

 

シンプルな URL 構造を維持する

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合は ID ではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。たとえば、航空機(aviation)に関する情報を探している場合、http://en.wikipedia.org/wiki/Aviation のような URL であれば、見ただけで必要な情報であるかどうかを判断できます。http://www.example.com/index.php?id_sezione=360&sid=3a5ebc944f41daa6f849f730f1 のような URL 自体は、ユーザーの関心を引くことはほとんどありません。

 

 

これを読むと、シンプルかつ論理的なURL構造にしておいた方が良さそうだということがわかりますね。

あと、これは当たり前なんですが、記事のタイトル、記事の内容、URLに使うキーワード、はある程度一致させましょう。じゃないとGoogleにスパムと思われてページランクを下げられる可能性があります。

 

初心者向けのパーマリンク

オススメのパーマリンクは上記の2つですが、カテゴリーを含むものとそうでないもののどちらにするか迷う人もいると思います。

記事後半に載せたGoogle公式の動画を見る限りではどちらでも良さそうですが、おじさんの経験上、初心者の人はカテゴリーなしの方をオススメします

なぜかと言うと、ブログを続けているとカテゴリーを増やしたり記事のカテゴリーを変更したくなったりするからです。

例えばカテゴリーが”wordpress”という記事のカテゴリーを”blog”に変更するとURLは以下のように変更されます。

変更前:https://sample.com/wordpress/記事名

変更後:https://sample.com/blog/記事名

 

URLを変更すると変更前のURLにアクセスしても404エラーとなり記事が表示されなくなります。でも、リダイレクト処理をすれば変更後のURLへ転送してくれるのでちゃんと記事が表示されます。

「https://sample.com/カテゴリー名/記事名」というパーマリンクでブログを始めると、後になってカテゴリをいじりたくなったときに、このリダイレクト処理をしないといけないのでめんどくさくなります。

ですので初心者の人は「https://sample.com/記事名」の方がオススメです。

 

リダイレクトのやり方については以下の記事をご覧ください。部分的にロリポップ!での方法ですが、一般的な方法も書いてあります。

ロリポップ!で301リダイレクトする方法

 

パーマリンクで使う単語はダッシュ( – )で分けよう!

パーマリンクはダッシュ(”-“, ハイフンとも言う)で分けたほうが良いです。

例えば「wordpressをインストールする方法」という記事のパーマリンクの良い例と悪い例はこんな感じです。

https://sample.com/how-to-install-wordpress

https://sample.com/howtoinstallwordpress

 

ダッシュを入れた方が”ユーザー”の可読性が上がるというのもありますが、それ以外にもダッシュで区切る意味があります。

それは「Googleはダッシュの前後で単語を分けて認識している」という点です。

ダメな例だとGoogleは「howtoinstallwordpress」という1つの単語だと認識する可能性があります(詳しくは次の項目の動画で確認してください)。

 

自分がユーザーだったらどう検索するかなと考えて見るとわかりやすいんですが、「wordpress インストール方法」とか「wordpress インストール やり方」みたいに検索するんじゃないかと思います。

それにマッチしてるのは良い例の方ですよね。

 

ということで、パーマリンクにはダッシュを使いましょう。

 

URLにはダッシュ( – )を使うべきかアンダースコア( _ )を使うべきか

パーマリンクはダッシュで区切ったほうが良いのは分かりました。では、アンダースコア( _ )はどうでしょうか?

以下の動画を見るとどうやら新しく記事を書く場合はダッシュ(-)を使った方がベターなようです。

古い動画ですが、webmasterの公式にある動画なのである程度は信頼して良いと思います。「2018年だとどうなんだ!」とコメントしてる人もいますね(笑)。確かに気になりますが、更新されてないということはとりあえずこの動画の情報は今も有効ということでしょう。

動画の情報をざっくりまとめるとこんな感じです。

  • Googleはダッシュの前後で単語を分けて認識している
  • ダッシュの方がベターだよ
  • でもアンダースコアを使っててもgoogleはちゃんと判断してるので問題ないよ
  • アンダースコアをダッシュに直す必要はないよ
  • 新しいページを作成するときはなるべくダッシュを使ってね

 

下記の「日本語URLはダメなのか?」に貼った動画でもダッシュを使ってねと言っているので、ダッシュを使ったほうが良さそうですね。

 

パーマリンクにはキーワードを入れすぎないほうが良い

SEOではパーマリンクにキーワードを入れると良いとされていますが、キーワードを入れすぎるのも良くないようです。その理由は「スパムっぽいから」。

それを解説しているGoogleの公式動画を見つけたので貼っておきます。

 

動画の内容をまとめるとこんな感じです。

  • URLに関連キーワードを入れると良いよ
  • URLはスラッシュ(/)で分けてもダッシュ(-)で分けてもページランキングに与える影響に大きな差はないよ
  • でもキーワードが多すぎるとユーザーにはスパムっぽく見えるのでやめたほうがいいね

 

上の動画ではキーワードの具体的な数については言及してませんが、次の項目に貼ってある動画では多くても4〜5つが良いと言っています。

大切なのはUXを高めること、つまり「見ただけで記事の内容が簡単に推測できるようなパーマリンク」にすることだと、Googleは繰り返し言っていますね。

 

URLに入れるキーワードは5つまで

URLにキーワードを入れすぎるのは良くないのはわかりました。じゃあ、何個までならいいのかというと、どうやら5つまでにしたほうが良さそうです。

 

 

動画の要点はこんな感じです。

  • URLに入れるキーワードは5つくらいまでが良い
  • キーワードの順番はページランクにさほど影響を与えない

 

「URLにキーワードをたくさん入れすぎるとスパムっぽくなるので良くないよ」と言っているのであまり入れすぎないほうが良いでしょう。多くても5つ前後と考えておけば良いと思います。

おじさん的には、無理に5つに抑えるよりは6つになっても「見ただけで内容が推測できるかどうか」を重視したほうが良いと思います。あまりに長すぎるのはやめたほうが良いと思いますが。

 

キーワードの順番について

例えば”wordpress”がメインキーワードで記事を書くときのパーマリンクは以下の2つのうちどちらがいいのか?という議論です。他のキーワードは”seo”と”blog”を使うと仮定します。

https://sample.com/wordpress-seo-blog

https://sample.com/seo-wordpress-blog

 

以下の動画では、上のURLの方がやや良いかもしれないと言っています。ですが、そこまで気にしなくて良いとも言っています。

それよりも大切なのは「見やすく分かりやすいURL」ということですね。

 

日本語URLはダメなのか?

これもよく議論されていることですね。

以下のGoogle公式動画では「英語以外でもOKだよ」と言っています。日本語がOKかどうかには触れてないですが、英語以外でもOKということは日本語でもOKということでしょう。

ちなみにこの動画は2018年のものなのでかなり信用できますね。

 

動画の要点はこんな感じ。

  • GoogleはURLよりもコンテンツを重視してるよ
  • だから基本的にはユニークなURLならそれでOK
  • Googleやブラウザは英語以外の言語のURLでも同等に扱ってるよ
  • URLのセパレータにはダッシュ(-)を使ってね
  • アンダースコア(_)でも良いけどダッシュ(-)のほうが少しだけトラックしやすい
  • URLにはコンテンツにマッチした言語を使ってね
  • まとめるとURLは英語じゃなくてもOKってことだね

 

それでも日本語URLは使わない方が良いかも・・・

日本語のURLを使っても(Google的には)問題ないというのはわかりましたが、おじさん的にはあまり使わない方が良いと思います。

なぜかと言うと、シェアした時にURLが意味不明な文字列に変換されてしまうことがあるからです。

 

例えば、以下のようなURLの場合を考えます。

https://sample.com/ワードプレスのインストール方法

このURLをシェアした場合、以下のような意味不明な文字列になってしまうことがあります。

https://sample.com/%3E%5e%6…

実はこれ、URLとしては機能してるんですが見栄えが良くないですよね。こういうことに詳しくない人が見たらスパムかと思ってリンクをクリック(タップ)してくれないこともあると思います。

他にも404エラーになってしまうこともあると書いてある記事もありましたが、これについては真偽がわかりません。

 

ここまで見てきた通り、GoogleはURLよりもコンテンツの方が重要だと言っているので、おじさんは基本的には日本語じゃない方が良いかなと思っています。

でも、例外もありそうだなとも思います。それについてはまた別の機会に書こうと思います。

 

パーマリンクは文章っぽい方が良いのか?

パーマリンクでもう1つ悩むことと言えば、「文章っぽくした方が良いのか」、それとも「キーワードの羅列の方が良いのか」ってとこですよね。

それを調べてたら2つの記事を見つけました。

SEO-friendly URLs

Should you use stop words in your focus keywords.

 

どちらもYoastというSEOなどをやっているサービスが書いている記事なんですが、パーマリンクに関する部分だけまとめるとこんなことが書いてあります。

  • “a”とか”the”みたいなストップワードは使わない方が良い
  • けど、フレーズの方が良い場合もあるよ
  • WordPressはほとんどの場合、勝手にリダイレクトしてくれるよ

 

ストップワードと言うのはURLに入れていてもGoogleが無視するワードのことです。つまり入れてもページランクに良い影響を与えない、それどころか悪影響にすらなると記事では言っています。

 

結論を言うと、文章っぽくても良いしキーワードの羅列でも良いってことですね。重要なのはユーザーにとってわかりやすいパーマリンク(URL)かどうかってことのようです。

例えば「ワードプレスをインストールする方法」というタイトルの記事の場合のURLを考えてみましょう。

https://sample.com/how-to-install-wordpress

https://sample.com/install-wordpress

この2つであれば上の方がユーザーとしてはわかりやすいと言えます。

 

では「ロリポップ!でワードプレスをインストールする方法」というタイトルの記事だったらどうでしょうか。

https://sample.com/how-to-install-wordpress-at-lolipop

https://sample.com/install-wordpress-lolipop

ぱっと見でわかりやすいのは下の方かもしれませんね。上は長すぎる気がしますし、”to”や”at”などのストップワードを使っています。

 

でもおじさんはこの考え方についてはやや懐疑的です。なぜかというと「ブラウザで表示されるURLを見るやつなんかほとんどいねぇだろ」と思っているからです。

おじさん自身も怪しいサイトじゃない限りURLを見ることはほとんどないです。他の人がどんなURLで記事を書いてるのかなと思って見ることはありますが。

なので、文章っぽい方が良いのかどうかはあまり気にしなくても良いかなと思ってます。

 

ですが、どうせなら内容がわかりやすい方が良いと思うので、できるだけストップワードを使わずわかりやすいURLになるように心がけています。

 

パーマリンクとは?

パーマリンクというのは簡単に言うと「Webページ毎に設定される固有のURL」です。例えば以下のようなものがパーマリンクです。

https://affiliate-ossan.com/wordpress/123

記事固有の名前だと思ってくれれば良いと思います。

これがちゃんと設定されているとSEO的にも良いですし、ユーザビリティ的にも良いのでしっかり設定しておきましょう。

 

WordPressでのパーマリンクの変更方法

ここからはWordPressでパーマリンクを変更する方法を説明します。

まず以下の画像をみてください。これはWordPressの「設定」>「パーマリンク設定」の画面です。

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-1

デフォルトでは「基本」になっていて、記事ID(postID)が使われています。「https://affiliate-ossan.com/?p=123」のところのp=123が記事IDです。

これだとURLからは内容がまったくわかりませんよね。これはあまり良くないです。GoogleもこういったURL構造はあまり評価しません。

ですのでWordPressでブログを始めたら最初にパーマリンクを変更した方が良いです。

 

パーマリンクの設定方法

パーマリンクは、管理画面の「設定」→「パーマリンク設定」から設定することができます。

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-2

 

理想的なパーマリンクを設定するには「カスタム構造」を選択してください。入力欄に以下の文字列をコピペするか、入力欄の下に並んでいるボタンを押して入力してください。

/%category%/%postname%/

あとは「変更を保存」をクリックすればパーマリンクの設定自体は完了です。

 

ですが、これだとカテゴリー名を日本語で入力している場合、URLが以下のように日本語を含むものになってしまいます。

https://affiliate.ossan.com/ワードプレス/初期設定

すでに述べたように、このURL構造はあまり良くないです。これを避けるためにはカテゴリーにスラッグを設定する必要があります。

 

カテゴリーにスラッグを設定する

スラッグの意味は設定しながらの方がわかりやすいと思いますので、順に進めていきましょう。

まずは管理画面の「投稿」→「カテゴリー」と進んでください。すると以下のような画面が出てくると思います。

 

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-3

赤枠のところを見るとカテゴリー名は「ワードプレス」、スラッグは「ワードプレス」となっています。

実はスラッグに設定してあるワードがパーマリンクに表示されるのですが、それを英語に変更してあげれば上述のような理想的なパーマリンクになります。

スラッグの変更方法は以下の通りです。

 

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-4

変更したいカテゴリー名のところで「クイック編集」をクリック。すると以下画像のように表示が切り替わります。

 

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-5

カテゴリー名とスラッグが「ワードプレス」になっているのがわかります。

 

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-6

スラッグのところを「wordpress」に変更して「カテゴリーを更新」をクリックすれば、スラッグの変更は完了です。

 

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-7

さきほどまで日本語だったURLのカテゴリー部分が英字(スラッグ名に設定した文字列)に変わっているはずです。

 

このようにスラッグを使うと日本語のカテゴリー名を任意の文字列に変換することができます。

例えば「アフィリエイト」というカテゴリーには「affiliate」というスラッグを設定しておくと良いでしょう。

 

お気づきかもしれませんが、これだとまだ%postname%の部分が日本語のままです。これを英字にするにはパーマリンクを手動で変更しなければいけません。

 

パーマリンクを手動で編集する

パーマリンクを手動で変更するには、管理画面から、「投稿」ヘ進み編集したい記事名をクリックしてください。すると記事編集画面が表示されます。

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-8

画像の赤枠部分でパーマリンクを編集することができます。ここでは「初期設定」の部分を「initial-settings」に変更しています。

 

WordPressのパーマリンク設定はこれがオススメ!-9

OKを押せばパーマリンクが変更されます。

 

パーマリンクにpost_idを使うのはやめた方がいい

%postname%だと上記の理由から運用しにくいので、以下のような%post_id%を使ったものが良いのではないかと考える人もいると思いますが、それはやめた方が良いと思います。

https://affiliate-ossan.com/category/123

おじさんもこれが簡単だから良いなと思っていた時期がありました。

カテゴリー名を入れてあるのでわかりやすいですし、カテゴリー以下を数字にすることでURLの投稿名(記事タイトル)部分を編集しなくて済みます。

でもこのURL構造は1つ大きな問題があります。

 

それは「URL構造から記事の内容がわかりにくい」ということです。すでに書きましたが、この構造はSEO的によくないのでオススメしません。

 

なぜ初期段階で設定した方がいいの?

なぜパーマリンクを初期段階で設定しておかないと大きなデメリットがあります。代表的なものは以下の3つです。

  • SEO効果がリセットされる
  • リダイレクトがめんどい
  • SNSのシェア数や被リンク数がリセットされる

 

SEO効果がリセットされる

ブログの測定・評価はURLに紐づいた形でされています。

パーマリンクを変更すると当然URLも変更されます。URLが変更されるとそのURLに紐づいていたSEO効果もなくなってしまうというわけです。

何ヶ月もかけて育ててきたブログのSEO効果がリセットされてしまうのはもったいないですよね。私は過去に何回かこれをやってます(笑)。

 

ブログを始めたばかりの頃であればPV数も大したことがないので、ダメージが少なくて済みます。

何ヶ月もやっているのにPV数が10000PV/月以下とかの場合は、パーマリンクを設定し直した方が良いです。このデメリットを上回るメリットがあるはずです。

 

リダイレクトがめんどい

記事中にブログ内の他の記事へのリンクを貼るというのはしょっちゅうあることだと思います。

パーマリンクを変更するとURLも変更されますが、記事中に貼ったURLは自動的に変更されずリンク切れ(404エラー)になります。

こうなるとブログ内にリンク切れが大量発生して読者が離れていってしまいます。

 

パーマリンクを変更するとブログ内のリンクを変更後のものに直さないといけないんですが、記事が多いと非常にめんどくさいです。

記事数が少ない初期段階ならそんなにめんどくさくないはずです。

 

SNSのシェア数や被リンク数もリセットされる

記事がFacebookやTwitterでシェアされたりいいねされたりすることがあると思いますが、これもパーマリンクをシェアしているので、そのパーマリンクを変更してしまうとそのカウントも0になってしまいます。

「いいね」が1000ついている記事でもパーマリンクを変えた瞬間に0になってしまいます。恐ろしい。シェアしたリンクもリンク切れになります。これも読者が離れていく原因になります。

さらに、GoogleはSNSでのシェア数や被リンクの数をページランクの評価に使っているのでその評価もリセットされてしまいます。

ということで、パーマリンクは絶対にブログを開始した直後に変更しましょう。

 

まとめ

長々と書きましたが、結論はたった2つ。パーマリンクの設定は以下のどちらかにしましょう。

初心者向け: https://sample.com/記事名

上級者向け: https://sample.com/カテゴリ名/記事名

 

WordPressでアフィリエイトを始めようとしている人や初心者の方は、以下の記事も読んでみてください。

初心者必読!WordPressでアフィリエイトを始めるときの14ステップ