スマホ

ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるときの手順

この記事ではソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えるときの手順を解説してあります。格安SIMに乗り換えるときにチェックすべきことやLINEの履歴を残したまま乗り換える方法について誰でもできるように説明してあります。

おじさんはソフトバンクからLINEモバイルに乗り換えたんですが、ここに書いてある手順でやればどのキャリアからの乗り換えでもほぼ同じようにできると思うので、参考にしてみてください。

この記事はこんな人向け

この記事は以下のような人向けの記事です。

  • 大手キャリア(特にソフトバンク)からMVNO(格安SIM)に乗り換えようと思ってる人
  • MNP(携帯番号そのまま)で乗り換えたい人
  • LINEモバイルに乗り換えようと思ってる人
  • MVNO(格安SIM)に乗り換えようと思ってるけど、いまいちやり方がわからない人
  • iPhoneユーザー

 

格安SIMへの乗り換えってめんどくさそうと思ってる人もいると思いますが、実はめちゃくちゃ簡単です。大手キャリアのショップでスマホを購入して契約するより簡単です。作業時間は1〜2時間で終わります(SIMカードが届くのに1日程度待ったり、バックアップ完了まで待ったりする時間はありますが)。

 

以下でSIMやMVNOについて説明していますが「そんなんどうでも良いので格安SIMに乗り換える方法を早く教えろ」と言う人は「大まかな流れ」まで飛んでください。

 

そもそもSIMってなに?

SIMというのは「Subscriber Identity Module」の頭文字をとったもので、加入者を特定するためのIDが記録されたもの。

SIMカードには固有のIDが設定されていて、そのIDと電話番号を紐づけることで通信を可能にしているらしいです。

細かいことはおじさんもわからないですが、スマホを使うために必要なものと思っておけばOKです。

 

SIMフリーとは?

大手キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)でスマホを買うと、契約したときのSIMカードじゃないと使えないようになっています。これをSIMロックと言います。

そして、そのSIMロックがかかってないスマホをSIMフリースマホと言います。

SIMフリースマホはどこの業者のSIMカードでも使うことができます。世界的にはこのSIMフリーが基本なんですが、日本では三大キャリアがSIMロックを採用していたためそのキャリアのSIMを使うしかありませんでした。

 

例えば、フットサルコートを借りるときに「うちで販売してるシューズとウェアじゃないとうちのコートは使わせないよ」と言ってるような感じですね。しかもコートを運営してる会社が3つしかないのでそこから選ぶしかない、みたいな。

みんな自分に合ったシューズとかウェアでフットサルしたいですよね。携帯電話通信業界でも同じです。

 

最初はみんな疑問に思うこともなく使っていましたが、徐々に「それはあかんやろ。SIMフリーの方が便利。」「三大キャリア高すぎ、ワロタ」という声が出てきて、SIMフリーが一般化しました(我ながら超ざっくりな説明w)。

今では三大キャリアも頼めばSIMロックを解除してくれます。有料だったり、機種によってできなかったりしますが、以前よりはマシになりましたね。

 

3大キャリア(MNO)と格安SIM業者(MVNO)の関係

MNOというのは「Mobile Network Operator(移動帯通信事業者)」の頭文字で、ここではドコモ、au、ソフトバンクがそれに当たります。

一方、MVNOというのは「Mobile Virtual Network Operator(仮想移動帯通信事業者)」の頭文字で、いわゆる格安SIMを提供している事業者のことです。例えば、LINEモバイルやUQモバイルがそうですね。

実はMVNOは独自の通信回線を持っているわけではなく、MNO(大手キャリア)の回線を借りています。例えば、LINEモバイルではドコモ回線とソフトバンク回線に二つが選べます。

ですので、通信速度は大手キャリアに比べると遅いのが基本です。

 

格安SIMが出回り始めた当初、ユーザーが最も気にしていたのはこの通信速度だと思います。おじさんもそうでした。

最近では、使っている限りでは大手キャリアとの差がわからないほど通信速度が速くなっています。もしかしたら最初からそうだったのかもしれませんが、この辺はよくわからないので詳しい人いたら教えて欲しいです。

 

通信速度は○○Mbpsで表されますが日本語で書くと「メガバイト毎秒」と読みます。1秒あたりに何バイトの情報をやりとりできるかということですね。

3大キャリアでは数十Mbpsが基本ですが、MVNOでは数百Kbpsから数十Mbpsくらいの幅があります。また、時間帯によって通信速度にバラツキがあるのも特徴です。

MVNOは3大キャリアの余った通信回線を借りているので安いけど、通信回線が弱いというのが一般的な見方です。

 

ということで、格安SIMを選ぶときは料金だけではなく通信速度や通信の安定性を最初にチェックするのがポイントです。

そのあたりのことは以下の記事で詳しく書いてあるので参考にしてみてください。実際におじさんがLINEモバイルに乗り換えた理由を解説しています。めっちゃ文量多いですが、読めば格安SIMについて周りの人に語れるくらい詳しくなりますよ。

sim
格安SIMならLINEモバイルが最強!たくさんの格安SIM業者を全て比較するのはめんどくさいですよね。そんな人のために、格安SIMの選び方についてわかりやすく解説しました。これを読めば納得して格安SIMを選ぶことができるはずです!ていうかなる!...

 

MNPとは?

MNPは「Mobile Number Portability」の頭文字です。そのまんまですが今使っている携帯番号を他社でも使えるようにする仕組みです。

これも詳しくは知りませんが、そういう仕組みがあると思っておけばいいと思います。

この仕組み自体はMVNOが広まるより前からありました。おじさんも昔はドコモを使っていましたが、上戸彩が可愛すぎたのでソフトバンクに乗り換えたのでした。

 

大まかな流れ

この項目では実際に大手キャリア(ソフトバンク)からMVNO(LINEモバイル)に乗り換えるための大まかな手順を説明します。各項目は後ほど詳しく説明するので、まずはこの項目を読んで全体像を掴んでください。

 

大まかな手順としては最大でも8つしかないので、誰でも簡単にできます。

  1. SIMフリースマホを買う
  2. MNP予約番号をゲットする
  3. MVNO(LINEモバイル)と契約する
  4. AppleIDを変更する
  5. iPhoneのバックアップをとる
  6. LINEアカウントの引き継ぎ設定をする
  7. 新しいSIMの初期設定をする
  8. バックアップから復元する

 

おじさんは新しくSIMフリースマホ(iPhone8)を購入しましたが、今使っているスマホをそのまま使うこともできます。無理して新しいスマホを買う必要はないです。

 

MNP予約番号というのは、今使っている携帯番号をそのまま使いたいときに必要な番号です。予約番号は現在契約している通信業者(おじさんの場合はソフトバンクでした)に電話すれば5〜10分で手に入ります。

 

格安SIMですが、ほとんどの業者はネットで完結します。ネットで必要事項を入力するだけで終わります。データ容量を何GBにするか、通話はどのくらい使うか、オプションはどうするかなどの契約内容が決まっていればこれも5〜10分程度で終わります。

この時にMNP予約番号を入力するところがあるので、事前にMNP予約番号をGETしておきましょう。

繰り返しになりますが、格安SIMを選ぶときの失敗しないポイントは以下の記事に詳しく書いてあるので不安な人は読んでみてください。

sim
格安SIMならLINEモバイルが最強!たくさんの格安SIM業者を全て比較するのはめんどくさいですよね。そんな人のために、格安SIMの選び方についてわかりやすく解説しました。これを読めば納得して格安SIMを選ぶことができるはずです!ていうかなる!...

 

ネットで契約すると、格安SIMがすぐに送られてきます。LINEモバイルはお昼くらいにネットで契約したら次の日のお昼に届きました。めっちゃ早いのでビックリですね。

 

AppleIDの変更は必要ない人もいますが、大手キャリアでiPhoneを使ってる人は必要な人が多いと思います。詳しくは後述します。

 

バックアップをとるタイミングは新しいSIMを設定する直前に行いましょう。そうすれば新しいSIMに変更した後でも、写真やアプリなどが直前の状態で使えるようになります。機種変更しない人も念のためにバックアップは取っておきましょう。この記事ではiPhoneのバックアップ方法について解説してあります。

 

新しいSIMを設定する直前にLINEアカウントの移行設定をします。

 

新しいSIMが届いたらスマホに指して初期設定(プロファイル設定)をします。特に難しいことはなく、スマホを何回かタップするだけで終わります。

 

新しいSIMの設定が終わったらバックアップから復元しましょう。これをしないと写真やアプリが新しいスマホに移行されません。スマホを機種変更せずにそのまま使う人はこの工程は不要です。

 

ということで、「新しいスマホを買う」→「MNP予約番号をGETする」→「MVNOと契約する」→「iPhoneの人はAppleIDを変更する」→「バックアップをとる」→「SIMの設定をする」→「バックアップから復元する」というのが大まかな流れです。

それでは、手順を詳しく確認してみましょう。

 

SIMフリースマホを購入する

SIMフリースマホを購入する方法ですが、主に以下の3パターンが考えられます。

  1. AppleStoreで購入
  2. MVNO(LINEモバイルなど)で購入
  3. ネットや中古屋で購入

 

オススメなのは①か②ですね。

 

スマホをAppleStoreで購入する場合

おじさんはSIMフリーのiPhone8をAppleStoreで購入しました。中古でもよかったんですが、ネットで調べてみたらそこまで安くなってないので、新品を買うことに。

「新型のiPhoneが発表される=旧型が安くなる」のを待っての購入だったので、値下がりしたiPhoneと中古価格にそこまで大きな差はなかったんだと思います。

 

スマホをMVNOで購入する場合

SIMフリースマホはMVNOでも購入できますが、機種が限られています。たとえばiPhoneだとiPhoneSEとiPhone6くらいしかないところが多いです。これもAppleStoreで購入した理由の一つです。

SEのサイズが使いやすくて良いんですが、チップが古くてサクサク動かなそうだなと思ったのでやめました。

ちなみにMVNO(LINEモバイルに限らず)だとSEは実質15,000円くらいで手に入ります。

iPhoneSEに限らずMVNOでスマホを購入する場合、実質割引になってることが多いので「古い機種でも良い」「iPhoneじゃなくてもOK」という人はMVNOで格安SIMと合わせて購入するとお得ですね。

 

スマホをネットや中古屋で購入する場合

オンラインショップや中古スマホ屋で購入することもできます。よほど変なところじゃない限りはちゃんとしたスマホが手に入ると思いますが、この辺はおじさんも勉強不足なのでよくわかりません。

おじさんのように「オンラインショップや中古スマホ屋で買うのはちょっと」という人はAppleStoreかMVNOで購入しましょう。

 

MNP予約番号をゲットする

大手3大キャリアのMNP番号予約はネットか電話、店舗窓口でできますが、電話が一番簡単で速いです。店舗窓口は色々とめんどくさそうなのでオススメしません。

と言っても、もう何年もリアル店舗に足を運んでないので今もめんどくさいのかどうかは知りませんが。

 

MNP番号予約をするための3大キャリアの電話番号は以下の通りです。

  • ドコモ:151(ドコモ携帯電話)、0120-800-000(一般電話)
  • au:0077-75470(au携帯電話、一般電話共通)
  • ソフトバンク:157(ソフトバンク携帯電話)、0800-888-1157

 

最初は機械音声の指示に従ってスマホを操作するだけですが、途中で担当の人に代わります。スムーズに行けば5分ほどで終わりますが、担当者に電話がつながらず少し待たされる場合もあります。

MNP予約番号は、予約の電話が終わった後でSMSで送られてきますが、たまにうまく受信できず何分待っても届かないこともあるのでその場合はもう一度電話しましょう。その場合は「MNP予約番号が届かないんですが」と言うと名前と電話番号を聞かれるので答えればOKです。

再度SMSで送信される場合もありますし、それでもうまくいかない場合は担当者から電話越しに口頭で教えてもらうこともできます。おじさんはまさにこれでした。

 

あと、これはおじさんの場合ですが、担当の人に聞かれたので「LINEモバイルに乗り換えます」という話をしたところ、

「LINEモバイルに変えると3000ポイントもらえるキャンペーンがあるんですが、どうですか?」

「送ったurlから契約してもらえればポイントがつきますよ」

と言われたのでとりあえずurlを送ってもらったんですが、よく考えたらLINEモバイルは10,000ポイントバックのキャンペーンやってるし、今ならMNP乗り換えで月額900円割引になるのでそっちの方が良いと思いスルーしました。

このあたりも気をつけたいところですね。キャンペーン情報はしっかりチェックしましょう。

 

MVNOと契約する

MNP予約番号がゲットできたら次はMVNOとの契約です。

と言っても何に気をつけたら良いのかわからない方もいると思うので、MVNO(格安SIM)を選ぶときにチェックするべきことについて簡単に説明します。

そもそもケータイの通信業者と契約するときは主に「データプラン」と「通話プラン」を選ぶ必要があります。これはドコモやau、ソフトバンクなどのMNO(大手キャリア)でもMVNOでも同じです。

ですのでまずはデータを何GB使うのか、通話は毎月何分くらいかけるのかなどを整理しておきましょう。

それ以外にもチェックすることはありますがまずは「データプラン」と「通話プラン」が重要です。

 

たとえば、おじさんは以下のように箇条書きにしてリストアップしました。

  • データ容量:3GBで十分
  • 通話:ほぼ使わないが月に一回くらいは使う

 

この条件に合うプランを選べばいいわけです。と言っても各社で用意しているプランは異なるので自分の条件に合う通信業者を探さないといけません。

 

次にチェックするべきはオプションです。

たとえば、「子供に使わせるので有害サイトの閲覧ができなくなるように設定したい」場合はオプションの加入が必要なことがほとんです。

そう言った条件をリストアップしてみましょう。

おじさんの場合はまったく必要ないのでオプションなしです。それが一番安いですしね。上記のように子供に使わせるなどの事情がない限りオプションは必要ないと思います。

 

次は割引とキャッシュバックです。

MVNOはだいたい何らかのキャンペーンをやってます。期間限定のことが多いですが、名前を変えて次の期間でも同様の割引を行ったりしてるので、どのタイミングで契約しても何らかの割引やキャッシュバックは受けられると思います。

あとは金額の違いだけですね。

たとえば、すでに書きましたが、おじさんが契約したLINEモバイルは「LINEポイントで10,000ポイントバック」と「月額900円割引」が受けられます。それぞれ別々のキャンペーンで10月末〜11月上旬までに利用開始が条件になってます。

おじさんの場合、コミュニケーションフリーの通話SIM・3GBで基本は月額1,690円ですが、このポイントバックと割引により実質9ヶ月無料で使えるようになります。すごくないですかこれ。

 

ということで、MVNO(格安SIM)を選ぶ時は以下のことを整理しておきましょう。

  1. データ容量はどのくらい必要か?
  2. 通話はどのくらいするか?
  3. オプションは必要か?
  4. 割引やキャッシュバックはあるか?

 

格安SIMに乗り換える時にチェックすべきことについては以下の記事で詳しく書いてあります。

sim
格安SIMならLINEモバイルが最強!たくさんの格安SIM業者を全て比較するのはめんどくさいですよね。そんな人のために、格安SIMの選び方についてわかりやすく解説しました。これを読めば納得して格安SIMを選ぶことができるはずです!ていうかなる!...

 

AppleIDを変更する

ここはiPhone使う人だけ読めばOKです。

AppleIDは登録時のメルアドが使われるんですが、大手キャリアでiPhoneを購入して回線もそのキャリアのものを使っている場合、AppleIDがそのキャリアのメルアドになっていることが多いです。

たとえば、以下のようなID。

  • ドコモ:〇〇〇〇@docomo.ne.jp
  • au:〇〇〇〇@ezweb.ne.jp、〇〇〇〇@au.com
  • ソフトバンク:〇〇〇〇@i.softbank.jp

 

このIDを変えずにMVNOに乗り換えるとAppleIDが必要なサービスが使えなくなる可能性があります。たとえば以下のサービス。

  • iTunes
  • AppleStore
  • そのほかAppleIDで登録してるアプリ

など。

 

厳密に言うと完全に使えなくなるわけではなく、IDを変更すれば使えるんですが、MVNOに乗り換えてからだと変更がめんどくさいということです。

 

たとえばiTunesはAppleIDを使ってログインしますが、ログインしっぱなしになっている人がほとんどだと思います。その状態でMVNOに乗り換えると、そのAppleIDにアクセスできなくなります。

  1. MVNOに乗り換えると大手キャリアのメルアドは使えなくなる
  2. そのメルアドで登録しているAppleIDも使えなくなる
  3. そのAppleIDと紐づいてるiTunesも使えなくなる

というコンボが見事に決まるようです。

 

正確にいうとiTunes自体は使えますが、もとのAppleIDに紐づいてる情報は全てなくなるということです。たとえば購入した曲はもとのAppleIDに紐づいてるので、それが使えなくなった瞬間にパーになります。

 

ですので、上記のキャリアのメルアドで登録されたAppleIDを使ってる場合はMVNOに乗り換える前にAppleIDを変更しておきましょう。

変更のタイミングとしては契約した格安SIMカードが届いたあとにやるのがベストです。

なぜかというと、現在使っている通信業者と契約が無効になるのは格安SIMをスマホにさして「APN設定」をした瞬間からだからです。

 

「ヤバい、AppleID変更しなきゃ」と思ってすぐにやると今度は現在使ってる他のデバイス(たとえばMacとか)でもログインしなおさなきゃいけなくなります。その後で新しいスマホが届いたら再度ログインするのは面倒ですからね。2段階認証とか設定してるとさらに面倒です(たぶん)。

 

よくわかんない人はとりあえず格安SIMカードが届い手からAppleIDを変更すればOKと思ってくれれば良いです。

 

AppleIDの変更方法

AppleIDの変更の仕方ですが、ちょっとだけ注意が必要です。手順は以下の通りです。

  1. AppleIDでログインしている各サービスからログアウトする
  2. AppleIDを変更する
  3. 各サービスに新しいAppleIDでログインし直す

 

①が重要です。

ネットで検索すると、ログインした状態でAppleIDを変更するとこれまた面倒なことになるっぽいですね。すでにログインしているIDと変更後のIDが異なるので、変更後のIDだとログインできなくなるようです。

おじさんは上記の手順でやったので実際にログインできなくなるか試したわけじゃないですが、ここでリスクをとる必要はないので、ログアウトしてからAppleIDを変更するようにした方が良いと思います。

 

AppleIDを変更する方法はApple公式ページを参考にしてください。これもすぐにできるので説明は省略します。

 

iPhoneのバックアップをとる

AppleIDの変更が終わったらiPhoneのバックアップを取りましょう(iPhoneじゃない人はそれぞれのメーカーのバックアップ方法を調べてみてください)。

バックアップの取り方は主に以下の4種類があります。

  1. iTunesでバックアップをとる
  2. iCloudでバックアップをとる
  3. DropBoxやGoogleクラウドなどのクラウドサービスでバックアップをとる
  4. 外付けHDD/SSDなどの外部ストレージでバックアップをとる

 

おじさんは①でやりましたが、これをやるにはスマホ以外のデバイス(例えばMac)が必要です。使っているMacなどにバックアップを作成するので容量に空きが必要です。

②iCloudは無課金だと5GBくらいしか使えないのでほとんどの人は容量が足りないと思います。その場合は月額課金しないといけません。50GB・月額130円〜使えるのでバックアップをとる時だけ使うのもありです。

③クラウドサービスもiCloudと同様に無課金だと使えるデータ容量に限りがあります。DropBoxやGoogleクラウドは有料バージョンが1ヶ月無料で使えたりするので、バックアップのためだけに使うのもありです。

④外部ストレージを使う場合、当然ですが持っていなければ購入する必要があります。数千円かかるしめんどくさいのでオススメしません。

 

オススメは①か②です。①iTunesか②iCloudでバックアップをとる方法はAppleの公式ページを参考にしてください。

作業自体は数分で終わりますが、バックアップが完了するまでに数十分〜1、2時間かかる(もちろんデータ容量による)ので時間があるときにやりましょう。

 

LINEアカウントの引き継ぎ設定をする

LINEアカウントを引き継ぐときは「トーク履歴のバックアップ&復元」と「アカウントの引き継ぎ」の設定やりましょう。

アカウントの引き継ぎは設定してから36時間以内に新しいスマホで設定しないといけないので、まずはトーク履歴のバックアップを先にやっておくといいです。

詳しくは以下のLINE公式ページをご覧ください。

トーク履歴のバックアップと復元について

アカウントの引き継ぎについて

 

ここで一つアドバイス。iPhoneのバックアップをとる場合は新しいスマホでデータを復元すればLINEアプリも復元されるので、新しいスマホの方でやることは特になくなります。バックアップを取らない場合はアプリをインストールし直してアカウントの復元を行わなければいけません。

 

新しいSIMの初期設定をする

SIMカードが届いたらスマホに挿して設定します。設定方法が書かれた説明書がSIMカードと同梱されているのでそれに従えばOKです。特にわかりにくいところもないので簡単に設定できると思います。

SIMカードの差込口は機種によって違いますが、iPhone8の場合は本体の右横にあります。

スマホを購入した時に、以下の画像のようなSIMカード差込口を開けるためのピックが同梱されていると思うのでそれで開けましょう。

SIMカード差込口を開けるためのピック

SIMカードを差し込んだら、APN設定をします。これも説明書に従えば簡単にできます。

iOSの場合は説明書に掲載されているQRコードを読み取るか、URLにアクセスして「APN設定プロファイル」をダウンロードすればOKです。ただしこれをやるにはネットに接続できないといけなません。Wi-Fiが使えるところでやりましょう。

Androidでも同様にできます。

 

バックアップからiPhoneを復元する

新しいSIMの設定が終わったらあとはiPhoneを復元するだけです。復元はバックアップに比べると短時間で終わります。

復元後はアプリの更新やOSのアップデートなどがある場合があるのでここも30分〜1時間くらいは待ち時間があると考えておきましょう。最新状態になっていれば10分程度で終わりますが。

iPhoneの復元方法についてもAppleの公式ページを参考にしてください。

 

以上でソフトバンクからLINEモバイルへ乗り換える時の手順はおしまいです。

以下の記事ではLINEモバイルが現状最強の格安SIMであることを解説してあります。UQモバイルやmineo、Y!モバイルなどで迷ってる方は読んでみてください。割引やポイントバックなどお得な情報も載ってますよ。

sim
格安SIMならLINEモバイルが最強!たくさんの格安SIM業者を全て比較するのはめんどくさいですよね。そんな人のために、格安SIMの選び方についてわかりやすく解説しました。これを読めば納得して格安SIMを選ぶことができるはずです!ていうかなる!...