ブログ運営

アナリティクスで自分のIPアドレスを除外する方法

アナリティクスで自分のIPアドレスを除外する方法をまとめました。

IPv4とIPv6それぞれの場合のフィルタの設定方法などについて詳しく解説してあります。色々試してもうまく除外できない場合は、この記事を読むと解決するかもしれません。

 

憎っくきこの表示(笑)

 

IPv4かIPv6かを調べる

フィルタを設定する前に自分のIPアドレスがIPv4なのかIPv6なのかを調べておきましょう。「あなたのIPv6接続性をテストしましょう。」にアクセスすると自動的にチェックしてくれます。

赤枠のところに注目してください。こんな感じで表示されていたらIPv6の可能性が高いです。

その場合は、上にあるIPv6のアドレスをコピーして次に進みましょう。わからない場合は最悪、IPv4とIPv6の両方を除外すればOKです。

 

フィルタの設定方法

アナリティクスの管理画面の左下にある歯車をクリックしてください。すると以下のように表示されます。

すべてのフィルタ」をクリック。

 

フィルタを追加」をクリック。

 

フィルタの情報を入力

フィルタ名は「自分のIPアドレス」のようにわかりやすいものにしましょう。

フィルタの種類は「定義済み」でOKです。「除外」、「IPアドレスからのトラフィック」、「等しい」を選びましょう。

「IPアドレス」に先ほど調べたIPアドレスを入力しましょう。

 

フィルタを適用するビューを選ぶ

忘れがちですが、ここを設定しておかないとフィルタは適用されません。

「使用可能なビュー」の一覧の中からフィルタを適用したいビューを選択して、「追加」をクリックしてください。

 

こんな感じで「選択したビュー」に移動すればOKです。最後に「保存」をクリック。

 

フィルタが作成されると上の画像のように表示されます。これでフィルタの設定は完了です。

 

除外されたかどうかをチェックする方法(簡易版)

本当に除外されたかどうかをチェックするには、登録したIPアドレスに紐づいたパソコンで自分のサイトやブログにアクセスした状態でレポートの「リアルタイム」を見ましょう。

 

「現在0人のアクティブユーザーがサイトを閲覧しています」と表示されていればひとまずOKです。

ただし、このやり方だと他の人が閲覧していると判断ができなくなります。「除外されたかどうかを確実にチェックする方法」については少し複雑なので別記事として書く予定です。

 

以下、追記。

IPv4とIPv6両方試したけどダメだった場合

おじさんもてっきり上記の方法で除外できたと思ってたんですが、翌日チェックしたら実は除外されてないことが判明。

原因を調べて見たら、IPアドレスには固定と変動があるということがわかりました。

固定IPアドレスならそれをフィルタに設定すればOKなんですが、変動IPアドレスの場合は毎回アドレスが変わるので、「完全一致」という条件だとフィルタに引っかからないようです。

 

対処法

おじさんの場合はIPv6の変動IPアドレスだったので、以下のように設定し直したらちゃんと除外されました。

まずIPv6の前から4つ分のIPアドレスだけコピーします。

1111:22:3333:444:5555:6666

例えば、IPv6が上のような場合は「1111:22:3333:444」の部分だけコピーします。

 

あとはアナリティクスで以下のようにフィルタを設定。

  • フィルタの種類:定義済み
  • 除外、IPアドレスからのトラフィック、前方一致
  • IPアドレス:1111:22:3333:444

IPv6の場合、上記のように前4つ分は変動しないっぽいので、そこだけ一致するものを除外すればOKというわけです。

 

これで分析精度が上がるぞー。やったね。