SEO

平均ページ滞在時間と平均セッション時間の違い

アナリティクスの「平均ページ滞在時間」と「平均セッション時間」の違いが実はよくわかってなかったので調べてみました。平均セッション時間が00:00:00と表示されている意味もわかったのでそれも含めて解説します。

 

平均ページ滞在時間とは?

平均ページ滞在時間

これはわかりやすいですね。そのページにアクセスした人がそのページに滞在した時間の平均値です。

平均ページ滞在時間はGoogleアナリティクスの「行動」でチェックできます(上記の画像の赤枠の部分)。これはおじさんが運営している他のサイトのものです。ページビュー数とかモザイクかける人もいますがおじさんは晒していくスタイルでいきます。どうせどのサイトかわからないですしね。

例えばAさん、Bさん、Cさんがこの記事をそれぞれ1分(60秒)、1分30秒(90秒)、30秒、見たとします。アナリティクスで設定した期間内のこの記事のPVがこれですべてだとすると平均ページ滞在時間は(60秒+90秒+30秒)/3=60秒=1分となります。

 

平均セッション継続時間とは?

平均セッション継続時間

平均セッション時間はアナリティクスの「ユーザー」の項目でチェックすることができます。これ最初に見たときに誰もが『「平均ページ滞在時間」と何が違うんや?』と思ったことでしょう。おじさんもそうでした。

平均セッション時間を理解するにはまずセッションを理解しましょう。

 

セッションとは?

セッションというのは例えば、以下のように考えるとわかりやすいです。

  1. ページAにアクセスした:PM9:00
  2. ページA内にあるページBへのリンクをクリックした:PM9:10

この場合のセッション時間は10分です。つまりあるページを見てから他のページに移るまでの時間です。

 

他の例も見てみましょう。

  1. ページAにアクセスした:PM9:00
  2. ページA内にあるページBへのリンクをクリックした:PM9:10
  3. ページB内にあるページCへのリンクをクリックした:PM9:15
  4. ページCを見て、他のリンクなどをクリックせずに離脱:PM9:17

この場合のセッション時間は15分になります。つまり、最初にあるページを見てから最後にあるページを見るまでの時間がセッション時間ということです。このとき、④でページCを見ている時間はカウントされないようです。これがアナリティクスの1つの弱点と言われているようです。

 

例えば以下のような場合、セッション時間はどうなるでしょうか?

  1. ページAにアクセスした:PM9:00
  2. ページAを見て、他のリンクなどをクリックせずに離脱:PM9:10

この場合、セッション時間は0分とカウントされるらしいです。アナリティクスを見ていると平均セッション時間00:00:00となっていることがあると思いますが、その原因の1つはこれです。例えば、検索してあるページを見て直帰した場合は平均セッション時間が00:00:00となります。

他にもリファラスパムのデータはだいたい平均セッション時間00:00:00と表示されますね。

リファラースパムとは?アナリティクスでの対処法を解説-アイキャッチ画像
リファラースパムとは?アナリティクスでの対処法を解説おじさんは疲れてくるとアナリティクスのリアルタイムレポートを見て心を落ち着けるクセがあるんですが、あるとき突然20件くらいのアクセスがき...

 

平均セッション時間はセッション時間を平均したものというだけなので解説は省略します。

 

厳密に言うと、セッション時間はページへのアクセスや他のページへのリンクのクリックだけを計測しているわけでは内容です。詳細はおじさんもよくわかりませんが、「エンゲージメントヒット」を計測しているようです。エンゲージメントヒットには動画の再生なども含まれると書いてあるので、そういったユーザーの行動を計測しているっぽいですね。

詳細はアナリティクスヘルプ>平均セッション継続時間をご覧ください。

 

平均セッション時間の分析の仕方

ここまで読めばわかる通り、平均セッション時間で注意すべきは00:00:00と計測されるものの中にはちゃんと記事を読んでいるものも含まれると言うことですね。

例えば上記の画像のサイトだと、平均ページ滞在時間は3:00ですが、平均セッション時間は1:26です。この2つの差はセッションの計測の仕方が原因だということを理解していれば、「え、平均セッション時間がめっちゃ少ないけど、これいいのかな?」と不安になることもないですね。

この数字自体がいいのか悪いのかは同様のサイトのデータがないとわかりませんが、平均ページ滞在時間も平均セッション時間も多いに越したことはないはずです。なぜならそれらの数値が大きいということは「記事がめっちゃ読まれてる」「サイトがめっちゃ見られてる」ということですからね。良いコンテンツを提供しているかどうかの指標になります。

 

まとめ

最後にまとめておきます。

  • 平均ページ滞在時間はページをどのくらいの時間見ていたかを表す
  • 平均セッション時間は最初にアクセスしてから最後にどこかのページにアクセスするまでの時間を表す
  • セッションはページへのアクセスだけを計測しているわけではない
  • 平均セッション時間が00:00:00の中にはちゃんと記事を読んでいる人のアクセスも含まれる